Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インテリシンク、暗号化機能を強化したモバイルソリューション最新版

インテリシンクは、携帯端末から組織内のネットワークへアクセスを実現する「Intellisync Mobile Suite 9」を7月末より提供開始する。

同ソリューションは、ノートパソコンをはじめ、スマートフォンや携帯電話、PDAなど、携帯端末から企業内のネットワークへアクセスを実現する企業向けモバイルソリューション。デバイスの管理機能を搭載しており、端末の管理や監視、操作を行うことができる。

最新版では、セキュリティ面において暗号化の強化を実施。従来より対応しているAESにおいて、 256ビットの暗号鍵をサポートした。

またメールのマルチアカウント対応により、Microsoft Exchange ServerやGoogleのGMailに対応したほか、「IBM Lotus Domino 8」のサポートなど機能を強化。Symbian S60 3rdに対しては、従来のJavaベースからネイティブアプリケーションへ変更し、動作の高速化を実現している。

(Security NEXT - 2008/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドコモとトレンド、IaaS基盤のIoTデバイス保護で新メニュー
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム
CrowdStrike、モバイルデバイス向けEDRソリューション
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム