Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「便利」と「危険」は隣り合わせ - 無線LANのセキュリティ設定に注意

セキュリティ対策が不十分のまま無線LANを利用しているケースがあるとして、情報処理推進機構(IPA)は注意喚起を行った。

無線LANは、障害物越しにネットワークを構築できるなど便利な反面、情報漏洩や盗聴、ネットワークの無断利用など不正アクセスを受ける可能性があり、無線の性質上、被害に気が付きにくいとして注意を呼びかけたもの。

同機構では、無防備な基地局を見つけるウォードライビング行為などを通じて、犯罪行為の隠ぺい目的で無線LANが不正利用された事件を例に挙げ、攻撃を受けた場合に発生する深刻な被害を説明。実際に、無線LANを外部から不正に利用され、速度低下が発生したと見られる事例など、同機構に対しても相談が寄せられていることを明らかにした。

また相談者の多くはセキュリティ対策が手薄で、対策の遅れも目立っているという。気軽に設定が行える「WPS(Wi-Fi Protected Setup)」の利用したり、対応していない機種の場合についても手動で設定を行い、強固な暗号形式や推測が難しいパスワードを利用するよう勧めている。

(Security NEXT - 2008/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
バッファロー製の一部無線LANルータにリモートよりコマンド実行される脆弱性
公衆無線LANにおけるセキュリティのあり方をまとめた報告書 - 総務省
コレガ製ルータ「CG-WGR1200」に3件の脆弱性 - 修正予定はなし
無線LANルータ「WXR-1900DHP2」の旧ファームウェアに複数脆弱性
富士ソフト製モバイルルータに脆弱性 - 緩和策の実施を