Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

内部資料のWinny流出で巡査を懲戒処分 - 皇宮警察

内部資料がインターネット上へ流出した問題で、皇宮警察は事故の原因となった巡査を処分した。

問題の事故は、皇宮護衛官の勤務表やパトロール日誌、パトカーの運行記録などUSBメモリで持ち出した内部資料が、私用パソコンにインストールされていたファイル共有ソフト「Winny」を通じてインターネット上へ流出したもの。

皇宮警察では巡査を停職3カ月とし、監督責任者についても注意を行った。同巡査は同日付けで依願退職したという。

(Security NEXT - 2008/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
孫のパスポート代理申請で個人情報を持ち出し - 熊本市
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委
元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大
居住者情報の記載資料が所在不明に - 仙台市の郵便局
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
「高校生活支援カード」を紛失、誤廃棄か - 大阪府
個人情報の持ち出しで職員を懲戒処分 - 糸魚川市