Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイト不具合でIDを重複発行、個人情報が流出 - エキサイト子会社

エキサイト・ミュージック エンタテインメントが運営するウェブサイト「エンタテインメントミュージックチケットガード」のシステムに不具合があり、一部個人情報が流出した。

同サイトのシステムにおいて大文字、小文字の識別が行われていなかったため、IDを重複して発行する不具合が発生したもの。顧客ページに、氏名や住所、生年月日、性別、電話番号、メールアドレスのほか、一部では顔写真など本人とは異なる顧客情報が表示される状態となり、最大98人が影響を受けた。

同社と親会社であるエキサイトは、24日に関連する顧客に対して事情を説明し、謝罪するメールを送信。経済産業省へ事故を報告した。サービスは6月18日より停止しており、30日に復旧する見込み。

(Security NEXT - 2008/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

障害者手帳をファックスで誤送信、操作ミス重なり - 宇治市
メール送信先ドメインの綴りにミス、ボランティア名簿が流出 - 宮城県
高技専で入学願書を誤廃棄、移転作業時に - 大阪府
市営住宅入居者の個人情報含む台帳を紛失 - 川崎市
紙相撲の駒に個人情報、不注意で - 児童向けデイサービス
職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大
「メール119システム」の登録者向けメールで誤送信
「福岡市消防局eメール119番」のテストメールで誤送信
1960年代の職業訓練受講者指導要録が一部所在不明 - JEED
職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県