Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OCNが大量にデータ送信するユーザーを制限へ - 解約の場合も

NTTコミュニケーションズは、個人向けインターネット接続サービス「OCN」において、「総量規制方式」によるデータ送信制限を8月1日より開始する。

今回の利用制限は、1日30Gバイト以上のデータ送信を行っているユーザーを対象に実施するもの。制限方法は「総量規制方式」で、通信データの種類に関わらず、データ転送量の合計が基準を超えた場合が対象となる。

同社では、対象となるユーザーに対して警告し、利用状態の改善がみられない場合には、利用を停止したり契約を解除する。ただし、今回の規制ではインターネットへの送信のみが対象となっており、ホームページ閲覧やメール受信、ファイルのダウンロードなどは対象外となる。

(Security NEXT - 2008/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
「個情法改正大綱」でパブコメ実施中 - 逸脱利用を制限
標的型攻撃相談、2019年度上半期は221件 - 80件でレスキュー支援
クラウド上の機密データ、暗号化している組織は約半数
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
SIPサーバの探索行為が再び増加 - IP電話乗っ取りに注意を
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
ブロックチェーンの社会実装に必要な技術や法的課題を整理 - 経産省