Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OCNが大量にデータ送信するユーザーを制限へ - 解約の場合も

NTTコミュニケーションズは、個人向けインターネット接続サービス「OCN」において、「総量規制方式」によるデータ送信制限を8月1日より開始する。

今回の利用制限は、1日30Gバイト以上のデータ送信を行っているユーザーを対象に実施するもの。制限方法は「総量規制方式」で、通信データの種類に関わらず、データ転送量の合計が基準を超えた場合が対象となる。

同社では、対象となるユーザーに対して警告し、利用状態の改善がみられない場合には、利用を停止したり契約を解除する。ただし、今回の規制ではインターネットへの送信のみが対象となっており、ホームページ閲覧やメール受信、ファイルのダウンロードなどは対象外となる。

(Security NEXT - 2008/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SIPサーバの探索行為が再び増加 - IP電話乗っ取りに注意を
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
ブロックチェーンの社会実装に必要な技術や法的課題を整理 - 経産省
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
EUに拠点や顧客を持つ半数超の企業がGDPRに無頓着 -「気にせず移転」も15%
拘束力持つセキュリティ規則と基準を要請 - 8社が共同憲章に署名
JUIDA、ドローンを活用した物流の安全運用に向けたガイドライン案を公開
IoT機器メーカーなど半数が「セキュリティバイデザイン」採用 - 9割が規制を要望
Fintech利用は20人に1人、3割超が普及に「不安」 - 情報流出やなりすまし、悪質業者参入に懸念