Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

復号化とは違う「Gpcode.ak」被害ファイルの救出法を公開 - Kaspersky

Kaspersky Labは、暗号化により身代金を要求するランサムウェア「Win32.Gpcode.ak」で被害を受けたファイルの復旧方法を公表した。

今回同社が発見した復旧方法は、復号化とは別の方法を用いてファイルを復元するもの。同社では、「Gpcode.ak」がファイルを暗号化する際、ファイルの隣接した領域に暗号化したファイルを生成する性質に着目。ファイル復活ユーティリティを利用することによりファイルを救出する方法を発見したという。

同社では復旧に最適なツールとして、フリーで利用できるChristophe Grenier氏の復元ユーティリティ「PhotoRec」を選択。また、同ソフトでは復元できないファイル名やパスを復元する無償ユーティリティ「StopGpcode」を開発し、ウェブで公開を開始した。

問題となっているランサムウェア「Gpcode.ak」は、暗号化に「RSA-1024キー」を利用しており、解読に時間がかかるため、先日同社が専門家や関係機関へ協力を呼びかけたばかり。現在も暗号の解読は完了しておらず、被害を受けたファイルの復号化は困難な状態が続いている。

(Security NEXT - 2008/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
播磨町教委の「校務支援システム」に不正アクセス - ランサム感染か