Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バッファオーバーフローの脆弱性を解消した「OpenOffice.org 2.4.1」が公開

バッファオーバーフローの脆弱性を解決したオフィススイートの最新版「OpenOffice.org 2.4.1」が公開された。

同バージョンは、OpenOffice.org 2.0以降に含まれる脆弱性を解消したもの。問題の脆弱性は、不正に細工されたファイルをユーザーが開くとバッファオーバーフローが発生し、第三者による不正なコードが実行される可能性がある。

現時点で脆弱性を狙ったエクスプロイトは見つかっていないが、OpenOffice.orgではアップグレードを呼びかけている。

OpenOffice.org 日本語プロジェクト
http://ja.openoffice.org/

(Security NEXT - 2008/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
「PowerDNS Authoritative Server」にRCEの脆弱性 - アップデートがリリース
「Firefox 60」がリリース、深刻な脆弱性2件などあわせて26件を修正
「PHP 5.6.36」がリリース - 脆弱性4件に対処
セキュリティリリース「PHP 7.0.30」「同7.2.5」が公開
PDFビューワ「Foxit Reader 9.1」がリリース - 複数RCE脆弱性を修正
「Chrome 66」でセキュリティに関する62件を修正 - サンドボックス「Site Isolation」をトライアル
スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を