Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「緊急」3件含む月例パッチを公開 - 無線経由で攻撃される脆弱性も解消

マイクロソフトは、6月の月例セキュリティ更新プログラムを公開した。深刻度「緊急」とされる3件のプログラムが含まれる。

「緊急」とされる脆弱性は、「Bluetoothスタック」の脆弱性をはじめ、「Internet Explorer」「DirectX」に関する3件で、いずれも脆弱性が攻撃された場合、外部よりコードが実行されるおそれがある。

「Bluetoothスタック」の脆弱性は、Bluetoothデバイスが使用するSDPパケットの処理に問題があり、無線経由でReqSDが大量に送信された場合、不正なコードが実行されるおそれがある。

一方、IE向けの更新プログラムは、累積的な問題を解決するもの。今回のプログラムで対応したヘッダ処理の脆弱性は、悪用の報告はないものの、すでに一般へ公開されていることから注意が必要だ。また「DirectX」の脆弱性は、不正なメディア ファイルを表示すると外部からコードを実行されるおそれがある。

特権に昇格する可能性がある「WINS」の脆弱性、サービス拒否が発生する「Active Directory」や「Pragmatic General Multicast」のパケット処理に関する脆弱性など、3件については深刻度が「重要」に設定されている。さらに「警告」として「ActiveXのKill Bitの累積的なセキュリティ更新プログラム」が公開された。

セキュリティ更新プログラムの提供とともに、悪意のあるソフトウェアの削除ツールも更新されており、今月はオンラインゲームのIDを詐取するマルウェアなどへ対応したという。

2008年6月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS08-jun.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
MS、11月の定例パッチで53件の脆弱性を解消 - 一部脆弱性は公開済み
広く利用される暗号化ライブラリに脆弱性「ROCA」 - 鍵長1024ビットなら解析コストは1万円以下
Windows、10月パッチで「KRACK」対応済み - MS「悪用可能性低い」
「Flash Player」へのゼロデイ攻撃、「BlackOasis」が関与か - 「FinFisher」感染狙い
WindowsのDNS処理にMITM攻撃でコード実行される脆弱性 - 月例パッチで修正
MS、10月の月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ攻撃確認済みの脆弱性も
「Office 2007」サポート終了まで3カ月 - 「Office for Mac 2011」もEOLへ
ペアリング不要、近隣端末を「Bluetooth」乗っ取れる「BlueBorne」 - 53億台に影響か