Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「満期金支払う」とうそ - 個人情報を聞き出す実在しない保険会社に注意

実際には存在しない保険会社「東亜保険株式会社」を名乗り、個人情報を聞き出そうとする事件が発生している。金融庁や国民生活センターでは、誤って情報を提供しないよう注意を呼びかけている。

国民生活センターなどによると、問題の業者は「リフォーム業者が掛けていた保険の満期金が支払われる」などとして、受け取るために口座開設が必要などと説明、申込書に銀行の口座番号や捺印など個人情報を記入させ、返信を求めるという。

保険業務を提供するには、金融庁が保険業法に基づいて免許を付与しているが、「東亜保険株式会社」は登録されていない。提供した個人情報が悪用されるおそれもあることから、国民生活センターでは、連絡を取ったり返信しないよう呼びかけている。

また再保険事業などを展開しており、社名の発音が似ている「トーア再保険」では、再保険事業において個人へ直接連絡を取ることはないとし、一切関係ないとして同様に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apple」ユーザー狙うフィッシング - 「静岡からアクセスあった」と不安煽り、あらゆる情報を詐取
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
セキュリティ質問の再設定に見せかけて情報詐取 - 偽Appleに注意
「全国銀行個人信用情報センター」装う偽サイトに注意 - 「自宅に直接伺う」との記載も
個人情報保護委員会をかたる「なりすましメール」に注意を
検索上位の詐欺サイトに注意 - 正規サイト改ざんで誘導されるケースも200件以上
「Apple」装うフィッシング - 12月に入ってからも発生
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
OMCカード会員狙うフィッシング - 約1年3カ月ぶりの注意喚起