Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

動向分析や参考資料を収録した「情報セキュリティ白書2008」 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、2007年における情報セキュリティ動向や今後の展望、関連資料を収録した「情報セキュリティ白書2008」を出版した。全国書店で購入することができる。価格は1200円。

同書は、情報セキュリティの分析や資料を収録した白書。利用者、供給者、制度や人的基盤など多面的に情報セキュリティの動向を分析し、展望について取りまとめたほか、関連機関や組織が公表したセキュリティの関連資料や情報セキュリティ対策自己診断テストなども参照できる。

今回は、今後社会として取り組みが求められる「アイデンティティ管理」「暗号の安全性低下によるシステム移行立案の課題」「組み込みシステムのセキュリティ」など個別テーマを扱った。また、従来より紹介している注目度が高い10大脅威についても収録した。

(Security NEXT - 2008/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調