Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

動向分析や参考資料を収録した「情報セキュリティ白書2008」 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、2007年における情報セキュリティ動向や今後の展望、関連資料を収録した「情報セキュリティ白書2008」を出版した。全国書店で購入することができる。価格は1200円。

同書は、情報セキュリティの分析や資料を収録した白書。利用者、供給者、制度や人的基盤など多面的に情報セキュリティの動向を分析し、展望について取りまとめたほか、関連機関や組織が公表したセキュリティの関連資料や情報セキュリティ対策自己診断テストなども参照できる。

今回は、今後社会として取り組みが求められる「アイデンティティ管理」「暗号の安全性低下によるシステム移行立案の課題」「組み込みシステムのセキュリティ」など個別テーマを扱った。また、従来より紹介している注目度が高い10大脅威についても収録した。

(Security NEXT - 2008/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
2016年の国内ITインフラサービス市場は2兆4913億円 - セキュリティ分野は前年比4.8%
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
クラウド環境向けセキュリティ製品、2021年までの年間平均成長率は20.9% - IDC予測
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
8月は家庭向けIoT機器への攻撃が増加 - メキシコ発の攻撃増に起因
標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
2016年のモバイルセキュリティ市場は65億円 - 5年後には2倍に
自動化進めたSOCの約7割、1週間以内に脅威調査を完了