Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「電話番号だけでも個人情報」9割超 - アイシェア意識調査

携帯電話や自宅の電話番号だけでも「個人情報」であると考えているユーザーが、9割以上に上ることがアイシェアの調査でわかった。

同社が、20代から40代を中心とするネットユーザー636人を対象に「ひとつだけでも個人情報だと思うもの」について調べた結果、判明したもの。「携帯電話番号」「自宅、実家の電話番号」「パスポート番号」など、いずれも9割を超えるユーザーが、「個人情報」であると回答している。

また「顔写真」「住所」「携帯メールアドレス」など、いずれも8割を超えており、これら6項目については「氏名」の83.8%を上回った。年収や家族構成、勤務場所、生年月日などについても7割台と高い。

さらに「名字」「名前」のほか、「SNS」や「メッセンジャー」のアカウントについても4割が個人情報であると感じており、「ニックネームやハンドルネーム」も2割弱に上る。

個人情報保護法では、個人情報を「生存する個人に関する情報で、特定の個人を識別することができるもの」と定義。ほかの情報と照合して容易にわかる場合などを除き、電話番号のみなど、個人を特定できない情報は個人情報としておらず、ネット利用者と法律のあいだで、個人情報のとらえ方にずれが生じている。

(Security NEXT - 2008/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
IoT機器メーカーなど半数が「セキュリティバイデザイン」採用 - 9割が規制を要望
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件
Fintech利用は20人に1人、3割超が普及に「不安」 - 情報流出やなりすまし、悪質業者参入に懸念
中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多