Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

月例パッチで公開済みJet DBの脆弱性へ対応 - マイクロソフト

マイクロソフトは、9日の予告通り4件の月例のセキュリティ更新プログラムを公開した。深刻度が「緊急」とされる脆弱性3件が含まれる。

今回対応した「Microsoft Jet 4.0 Database Engine」の脆弱性は、リモートでコードが実行されるおそれがあるもので、第三者によりPCを制御されるおそれがある。脆弱性は3月に明らかになり、同社ではアドバイザリを公開。ゼロデイ攻撃の可能性もあるとして注意を促していた。

また「Word」や「Office Publisher」の脆弱性についても、深刻度は同様に「緊急」。不正に改変されたファイルを表示した場合、リモートでコードを実行されるおそれがある。

一方、「Microsoft Malware Protection Engineの脆弱性」の深刻度は「警告」。セキュリティ更新プログラムでは非公開で報告された2件の脆弱性へ対応した。不正なファイルを同エンジンでスキャンした際にサービスが停止したり、再起動する問題を解決する。

マイクロソフトセキュリティ情報の事前通知 - 2008年5月
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS08-may.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
MS、月例パッチで脆弱性93件に対処 - 盆休み重なる更新に注意を
「Spectre」に新亜種、「SWAPGS攻撃」受けるおそれ - MSは7月に対処済み
「Windows Defenderアプリ制御」に脆弱性 - 定例外アップデートをリリース
MSが「Azure Sphere」評価版を更新、Linux脆弱性を修正 - AKS利用者なども注意
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供