Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

P2Pの著作権違反行為対策にISPと権利団体の協力必要 - 警察庁有識者会議

警察庁の有識者会議である総合セキュリティ対策会議は、2007年度の報告書を公表した。

2007年度は、「Winny」をはじめとするファイル共有ソフトで発生している著作権侵害について議論を実施し、報告書にまとめた。

報告書では、ネットワーク上のファイルを私的に複製した場合は違法行為とならないが、ファイル共有ソフトの性質としてダウンロードしたファイルがアップロードできる状態となった場合、公衆送信権や複製権を侵害するおそれがあると指摘。犯罪捜査や民事訴訟の対象となる可能性があるなど、積極的な啓発活動が必要とした。

また、違法行為への対策としては、ISPを通じた違反者に対する警告や利用停止、著作権団体による法的措置などが考えられるが、連携にあたっては通信の秘密といった問題も生じることから、著作権団体とISPが情報を共有し、対応策や取り組みについて合意が得るための協議会を設置するよう提言を盛り込んだ。

(Security NEXT - 2008/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
「WannaCrypt」発生以降、445番ポートへのパケットが増加
検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに
ファイル共有ソフト、いまだに15万人が利用
2014年はウイルス検出数が半減するも不正プログラムは6割増 - 「CryptoLocker」被害も
著作権侵害事件、上半期の摘発は14件 - ACCS
ファイル共有ソフトのユーザー減少傾向続く - 「Winny」は約1万台強に
「Winny」などのファイル共有ソフト、今なお20万人が利用か - ネットエージェント調査
従業員の約2割が無許可のファイル共有ツールを利用 - トレンド調査
ACCSが2012年下半期の活動状況を報告 - 組織不正コピーの情報提供62件