Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「TCP 445番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測

特定のウィンドウサイズを持った「TCP 445番ポート」宛てのパケットについて、増加傾向が報告されている。送信元では、サポートがすでに終了している「Windows Server」などが動作しており、攻撃の踏み台に悪用されたものと見られる。

JPCERTコーディネーションセンターが国内に設置しているセンサーで、2020年第3四半期に観測した攻撃パケットの状況を取りまとめたもの。

同センターによれば、ポート別に見ると、同四半期は「Windows」のファイル共有プロトコル「SMB」で使われる「TCP 445番ポート」宛てのパケットが最多だった。送信元が日本となっているパケット数およびホスト数が、同四半期を通して増加傾向にあり、8月末や9月下旬に一時的な急増も観測されている。

「TCP 445番ポート」宛てのパケットの多くは、特定のTCPウィンドウサイズを持ち、特に「8192」と指定されたパケットについて、送信元ホストの増加傾向が見られた。同センターが送信元と連絡をとったところ、感染端末ではサポートがすでに終了している「Windows Server」などが動作していたという。

ウィンドウサイズを「8192」とするパケットは、マイクロソフトがセキュリティ更新「MS17-010」で修正した脆弱性を標的とするマルウェアから送信されるパケットの特徴と一致している。「8192」以外をウィンドウサイズに指定しているパケットに関しては、送信元ホスト数の大きな変化は見られなかった。

次に多かったのは「telnet」で利用する「TCP 23番ポート」。さらに「Microsoft SQL Server」で使用する「TCP 1433番ポート」が続いた。またSSHで使用するTCP 22番ポートに対するアクセスも増加傾向が見られ、送信元ホスト数も増加していたという。

(Security NEXT - 2020/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

4月のDDoS攻撃、件数減少するも大規模な攻撃を観測 - IIJ調査
「Mirai」国内感染ホスト、約半数がロジテック製ルータ
2021年1Qにダークネットで1187億パケットを観測 - NICT
3月のDDoS攻撃、攻撃規模が拡大 - IIJ調査
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
2020年の攻撃通信パケット、前年比1.5倍 - NICTまとめ
12月のDDoS攻撃、前月比29件増 - IIJ調査
NRIセキュア、CTFイベント「NetWars」を2月に開催 - 社会人も参加可
11月のDDoS攻撃、件数減少の一方で大規模攻撃も - IIJ調査