Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパムの5通に1通は「Storm Worm」のボットネット経由で発信

MessageLabsによれば、Storm Wormのボットネットによるウイルスメールやフィッシングメールが増加傾向にあるという。

同社が3月に検知したウイルスやスパムなどについて関してとりまとめたもの。全世界のメールのスパム率は73.8%で、前月に比べ1.1ポイント増加、日本国内のスパム率はやや低く65.5%だった。世界的にウイルス率も減少傾向にあり0.59%で、日本は0.39%だった。

今月同社が注意を呼びかけているのが、Strom Wormのボット経由で発信されたスパムメールで、1月以降400万通以上を確認しており、2008年第1四半期におけるスパム全体の20%に達している。

男性の不安心理につけ込む薬品の広告など、性的な内容やレプリカ時計の押し売りなどで8割近くを占め、シグネチャによる検出を避けるために画像や件名が頻繁に変更されているという。

また同社では、マルウェアやスパイウェアに感染するおそれがある有害なサイトについては、1日あたり平均595件を特定した。ウェブベースのマルウェアのうち、9.2%が3月に発見されたものだった。

さらに今回のレポートで同社は、SNSサイトに対する企業のスタンスが変化していると指摘。「Facebook.com」を例に挙げ、積極的にアクセスを許可する企業は3%であるのに対し、ブロックする企業は11%に達するなど、潜在的な危険に気が付き、防御策への取り組みが増えていると報告している。

(Security NEXT - 2008/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
家庭向けIoT機器への攻撃、1日あたり1.9万IPアドレスから
5月はウェブ経由の攻撃が増加 - 新ランサム「Jaff」の拡散も