Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ログ解析製品にセキュリティシステム運用代行サービスを追加 - 日立電サ

日立電子サービスは、ログ管理ソリューション「SecureEagle/SIM」にアンチウイルスや不正侵入防御システムなどの運用をサポートする機能を追加し、提供を開始した。

同システムは、システム上で発生するインシデントをモニタリングし、約300種類のログを分析、インシデントを可視化できるログ管理ソリューション。内部統制に利用できるレポートの作成機能なども搭載している。

最新版では、ウイルス対策ソフトやファイアウォール、IPSの運用支援機能や、セキュリティ診断機能を追加。日立電子サービスが運用や監視、分析などリモートによりワンストップで提供する。

(Security NEXT - 2008/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品