Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ログ解析製品にセキュリティシステム運用代行サービスを追加 - 日立電サ

日立電子サービスは、ログ管理ソリューション「SecureEagle/SIM」にアンチウイルスや不正侵入防御システムなどの運用をサポートする機能を追加し、提供を開始した。

同システムは、システム上で発生するインシデントをモニタリングし、約300種類のログを分析、インシデントを可視化できるログ管理ソリューション。内部統制に利用できるレポートの作成機能なども搭載している。

最新版では、ウイルス対策ソフトやファイアウォール、IPSの運用支援機能や、セキュリティ診断機能を追加。日立電子サービスが運用や監視、分析などリモートによりワンストップで提供する。

(Security NEXT - 2008/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ