Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報を電車内で紛失、関係者特定できず - 東北公済病院

東北公済病院宮城野分院は、患者26人の個人情報や診療情報が記載された書類を、看護師が帰宅途中の電車内で紛失したと発表した。

所在不明となっている書類は「インシデント・アクシデントレポート」で、患者26人の氏名、年齢、性別、受診診療科名、病名などが記載されていた。

3月21日に、手さげ袋ごと電車内に置き忘れ、そのまま紛失したとみられている。今回紛失した書類へ記載されている患者を特定できず、謝罪や事故の報告をできない状態だという。

(Security NEXT - 2008/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院
県立病院で患部画像や個人情報含むカメラ紛失 - 新潟県
患者情報9000件含むUSBメモリが所在不明 - 富山市民病院
退職医師が患者の個人情報を不正に持ち出し - 東京女子医科大
人工呼吸器管理用タブレットが所在不明 - 岸和田市民病院
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
難病患者支援事業で申請書の紛失や書き換えなど判明 - 愛知県
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生