Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報入りUSBメモリを一時紛失 - レンタカー内部で発見

熊本県天草市は、天草市立牛深市民病院の患者情報が保存されたUSBメモリが一時所在不明となっていたことを明らかにした。移動に利用したレンタカーの車内で見つかり、回収されたという。

同市によれば、電子カルテ導入事業の業務再委託先担当者が、12月8日にデータをコピーした業務用USBメモリを外部に持ち出し、紛失したもの。同月11日に作業を行おうとした際、見当たらないことに気がついた。

問題のUSBメモリには、牛深市民病院の患者132人に関する患者属性登録画面の画像が保存されていた。患者の氏名、ID、住所、性別、年齢、保険、限度額などが含まれる。

警察へ被害を届け、同市に事態を報告するとともに探索を続行。病院から市内へ移動する際にレンタカーを使用しており、同月15日に同担当者が内部を調べたところ、USBメモリを発見し、回収した。

同月13日にも電話でレンタカー会社へ落とし物がないか確認していたが、その際は見つからなかったという。同市では対象となる患者に報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2023/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

発覚2カ月前にもマルウェア実行の痕跡、情報流出は否定 - こころネット
JetBrainsの「TeamCity」深刻な脆弱性 - 詳細も公開、早急に対処を
アジア地域の若年層向けCTF大会「ACSC 2024」が3月下旬に開催
バックアッププラグイン「WPvivid」の旧版に深刻な脆弱性
2月修正のWindows脆弱性、北朝鮮グループがゼロデイ攻撃に悪用
案内メールに顧客リストを誤添付して送信 - 写真販売サービス会社
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区