Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むUSBメモリが院内で所在不明に - 茨城東病院

国立病院機構茨城東病院は、患者の個人情報を保存したUSBメモリを職員が紛失したことを明らかにした。

同院によれば、12月18日に職員から報告があり判明したもの。問題のUSBメモリには、患者2533人分の氏名、ID、居住地域、病名、診療科、入院日、退院日のほか、患者3605人分の氏名、転院先、死亡日、職員8人分の面談記録と勤務表などが保存されていた。

USBメモリは、暗号化を行っており、パスワードによるロックが設定されているという。病院外に持ち出しておらず、院内で紛失したものと見ている。

職員に対する聞き取り調査や探索など行ったものの発見に至っていない。同院では、対象となる患者と家族に連絡して、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2023/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施