Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

利用者情報を無断送信するソフトを公開中止 - ベクター

オンラインソフトのポータルサイトを運営するベクターは、一部ソフトが利用者の許可なくユーザー情報を取得し、作者に送信していたとして公開を中止した。

問題が判明したソフトウェアは、同一の作者が開発した「DDChecker 5.2.2」「同5.3」「TN Player 1.0.2」「同1.0.4」の4作品。同ポータル経由で、のべ721回ダウンロードされている。同作者は9タイトル111バージョンを公開しているが、ベクターの調査では4作品以外に問題はなかったという。

送信されていたのは、ソフトウェアの「シリアル番号」や「バージョン」のほか、パソコンの「MACアドレス」「CPU」「メモリ容量」「コンピュータ名」「OS」「ID番号」「メーカー名」「機種名」「使用者名」 。データは、ソフトの登録時やバージョンの変更時、毎月最初の利用時などに送信されるという。

作者は自身のウェブサイトで、情報の取得について、シェアウェアの不正利用防止や利用者の環境を把握するためだったと釈明。利用環境を把握する行為については、スパイウェアと同等の行為との指摘を認め、認識に誤りがあったとして謝罪を表明した。

今後は、情報の送信について確認画面を表示するよう変更。添付される文書でも取得データや利用目的を明示する。またデータについては、シリアルの有効性を確認するために必要な情報以外を削除した。ただし不正番号を使用を試みたパソコンの使用者名については記録を残すという。

(Security NEXT - 2008/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも