Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Pマーク取得企業の約6割が過去5年に情報漏洩や盗難を経験 - 民間調査

プライバシーマーク取得企業において、約6割が過去5年以内に情報流出や盗難被害にあっていることがわかった。

入退室管理システムの開発販売を手がけるアートが、2007年12月にプライバシーマーク取得企業の担当者300人を対象として、個人情報対策や入退出管理に関する取り組み状況を調べた結果、判明したもの。

同社によれば、約6割の企業が過去5年以内に情報流出や盗難を経験。従業員規模が大きいほど割合も増加し、従業員数が3001人以上の場合は約8割に上るという。事故原因としては、過失による個人情報漏洩や機器の紛失、盗難が多かった。

入退室管理システムの導入に関しては、約7割が事故の予防を理由に挙げ、個人情報保護法やJ-SOX法対策や個人情報関連事故の事後対策が続いた。また入退室管理の課題は、「従業員のセキュリティに対する意識が低い」との回答がもっとも多く、「入退室記録の活用」「入退室管理にかかるコストが高い」といった回答が続いた。

(Security NEXT - 2008/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バックアップ製品「vSphere Data Protection」に深刻な脆弱性
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生