Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

再々委託先で顧客情報含むPCが盗難 - パナホーム多摩

パナホーム多摩は、再々委託先で事務所荒らしが発生し、顧客情報20件が保存されたパソコンが盗まれたと発表した。

被害に遭ったパソコンには、顧客20人の氏名、住所、工事内容、工事日など個人情報が保存されていた。一部電話番号も含まれる。2月8日から翌9日にかけて何者かが侵入し、パソコンを持ち去ったとみられている。情報の不正使用などの被害は確認されていないという。

同社では警察に被害を届け、対象となる顧客に対し説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「AirMac」向けファームウェアを公開 - 脆弱性8件に対処
「Firefox」がわずか2日で再度アップデート - サンドボックス回避の脆弱性を修正
ゼロデイ攻撃発生中の脆弱性へ対処した「Firefox 67.0.3」がリリース
Android向け「Outlook」にXSS攻撃が可能となる脆弱性
東京五輪のチケット抽選に便乗する攻撃に注意 - 「良い席譲る」にも注意を
保健師が従業員の健康情報を大学の講義で開示 - イオン北海道
小中学生向けウェブ検定サービスの2019年度版 - カスペと静岡大
ブランド毀損リスク対策を支援するサービス - KPMG
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
ランサム「GandCrab」提供者が引退、キー削除か - ベンダーが最新の復号化ツール