Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールの添付ファイルを自動で暗号化するゲートウェイ - 富士通BSC

富士通ビー・エス・シーは、添付ファイルの自動暗号化機能を搭載したゲートウェイ「FENCE-Mail For Gateway」を、2月29日より発売する。

同製品は、ゲートウェイを経由するメールの添付ファイルを自動で暗号化するメールセキュリティソフト。添付ファイルは自己復号形式で暗号化され、受信者はソフトをインストールする必要がなく、パスワードのみで復号化が可能。ZIP方式による暗号化にも対応しており、受信者側の環境に応じて選択できる。

また、パスワードの生成方法が「固定パスワード」「ランダムパスワード」「時間単位パスワード」の3種用意されており、選択が可能なほか、送信者や受信者のメールアドレス、ドメインの組み合わせにより、暗号化ルールを変更することもできる。価格は、100メールアカウントまでの最小構成で50万円。

(Security NEXT - 2008/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
生活保護受給者名簿が所在不明、車の屋根に置き忘れ - 高岡市
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース