Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Web 2.0への攻撃増加に懸念、ウェブ経由の感染がさらに進む - フォーティネットの2008年予測

フォーティネットジャパンは、2007年に主要な感染方法となったウェブ経由の感染が2008年も引き続き増加するとともに、Web2.0を標的とした攻撃が増えるなど、2008年の脅威に関する展望を発表した。

同社が2007年5月にMPackサーバから抽出した統計では、悪意あるウェブページにアクセスした12%のユーザーがウイルスに感染している。この結果は、MPackの攻撃によるものだけでブラウザの脆弱性を悪用した攻撃は含まれない。メール添付型のウイルスと比べて成功率が格段に高いことから、同社では今後もこうしたウェブ経由の手法が主流を占めると予測している。

一方、スパムについても手法が変化しつつあることを指摘。スパム対策が広く普及してきたことから、メールに記載されたアドレスのクリック率は大幅に低下。そのため、スパムからMySpaceやYouTube、人気のブログなどへのスパム投稿へ攻撃対象が移行しており、今後も同様の傾向は続くと分析している。

(Security NEXT - 2008/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
児童や保護者、通報者情報など含む児童虐待関連資料を一時紛失 - 滋賀県
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行