Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

原子力機構の業務情報がWinny流出 - 核防護情報は含まれず

日本原子力研究開発機構の業務情報が、ファイル交換ソフト「Winny」を通じてインターネット上に流出していたことがわかった。

同機構の取引先従業員が自宅へデータを持ち帰り、Winnyがインストールされていた私用パソコンに保存していたもので、2007年12月13日から12月15日までのあいだに外部へ流出したと見られている。

同機構では、12月17日に流出を把握。流出したデータは、東海研究開発センター核燃料サイクル工学研究所で当時建設中だった低放射性廃棄物処理技術開発施設に関連する業務メールやファイルで、同機構の調査の結果、核物質防護にかかわる情報は含まれていなかったという。

同機構では、今回の流出事故を受け、取引先に対して厳重注意を実施し、再発防止策の実施を要求したという。

(Security NEXT - 2007/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

福島第一原発の報告メールで誤送信、個人情報が流出 - 東電
委託先従業員が個人情報含む書類を盗難で紛失 - 北海道電力
中国電力、原子力情報含むデータが従業員自宅からネット流出
敦賀原発の原子力関連情報含む業務資料を紛失 - 日本原電
原発の工事用図面含むUSBメモリを紛失 - 日立プラントテクノロジー
原因は自動バックアップソフト - 日本原電の情報流出
福島第一原発のデータを保存したUSBメモリが所在わからず - 機微情報は含まれず
火力発電所の画像や関連資料がファイル共有ソフトでネット流出 - IHI
ファイル共有ソフトで原発情報がネット流出 - 日本原電
東芝の原発情報入りHDD盗難、機微情報含まず - 個人情報2000件が被害