Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付

ウェブサイトにアップロードされた資源エネルギー庁の会議資料に個人情報含む入札情報が含まれていたことがわかった。

経済産業省によれば、12月13日に開催された総合資源エネルギー調査会省エネルギー、新エネルギー分科会の配布資料において92社179件分の入札情報が含まれていたもの。

東北電力から事前に提出されたPDFファイルの資料を経済産業省のウェブサイトで公開したが、ファイル上の画像をクリックすると、入札参加者の企業名や入札価格、発電所予定地のほか、入札企業の担当者氏名、連絡先などが記載された表計算ファイルが開く状態だった。

12月12日17時過ぎに公開したところ、入札情報が見られるとの指摘が一般から寄せられ、問題が判明、ファイルを削除した。同ファイルは13日11時ごろまで閲覧できる状態だったという。

同省では、確認が不十分だったとして謝罪。対象となる入札は、すでに開札済みで、情報漏洩の影響はないと説明している。

(Security NEXT - 2018/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
LINE WORKSで複数顧客参加のトークルームを誤作成、削除できず - 富士薬品
九大職員が無許可ファイル持出、転職先で外部公開 - 意図しない機密情報も
講演会申込者情報を誤掲載、個人情報入りデータでテスト- 大阪府
町会代表者の個人情報を入札関連サイトで誤公開 - 東京都
海外ゲームメーカーでランサム被害 - 人気タイトルのソースコード流出か