Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

原発広報誌の返信ハガキが所在不明、個人情報や意見など記載 - 東電

東京電力ホールディングスは、広報誌の読者に関する個人情報などが記載された返信ハガキが所在不明になっていることを明らかにした。

同社によれば、柏崎刈羽原子力発電所の広報誌「NEWSアトム」に付いている返信ハガキ10件が、郵便物として受領したあとに所在不明になったもの。ハガキを送った読者の氏名や住所、電話番号、原発に対する意見などが記載されている。

1月8日、郵便物として受領した際に確認したハガキの件数と、その後ハガキの管理のためにナンバーをスタンプしながら数えた件数が一致しないことで、紛失した可能性があることが判明した。ハガキを原発外部には持ち出してはいないという。

(Security NEXT - 2019/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市