Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

親銀行から顧客情報受領したみずほ証券を戒告処分 - 東証とジャスダック

みずほ証券の従業員が、2006年に親銀行であるみずほコーポレート銀行から顧客情報を受領し、営業などを行っていた問題で、東京証券取引所やジャスダック証券取引所は処分を行った。

金融商品取引法(旧証券取引法)では、親法人などから非公開の顧客情報を受領したり、勧誘する行為を禁止しており、今回の件について金融庁では10月に同社に対して業務改善命令を行っている。

東証やジャスダックでは、同社を戒告処分とし、顧客情報の管理体制などの検証や業務改善報告書の提出、親銀行との独立性確保や再発防止策の策定について求めた。

(Security NEXT - 2007/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
印影など顧客情報含む約5000件の書類が所在不明 - 大和証券
保険料口座振替依頼書を紛失 - 愛知県内農協
顧客の預り資産評価額など記載した書類を紛失 - 東洋証券
「投資カレンダー」に不正アクセス、アカウント情報流出の可能性 - 証券ジャパン
契約者情報75万件を紛失 - 三井住友海上あいおい生命
顧客情報3000件含む帳票が所在不明 - 第一生命子会社
顧客情報入りマイクロフィルムが所在不明 - 第一生命
預かり資産など顧客情報記載の内部文書が所在不明 - 東洋証券
のべ5万8000人の顧客情報含む帳票が所在不明 - 住友生命