Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ディアイティ、WinnyやShare上の流出ファイルを追跡する「P2PChaser」を開発

ディアイティは、ファイル交換ソフトのネットワーク上に流出したファイルを追跡する「P2PChaser」や、PC上の情報ファイルを管理する「FileChaser」など、情報漏洩対策を支援するソリューションを開発した。2008年1月より提供を開始する予定。

「P2PChaser」は、「Winny」や「Share」といったファイル交換ソフトのネットワーク上に機密情報などを含むファイルが流出した際、流出元やファイルの拡散状況を追跡するソリューション。P2Pネットワーク上のファイルに対してキーワードによる検索を行い、亜種を含む流出ファイルの情報を収集する。

ファイル名やサイズ、ハッシュ、IPアドレス、ドメイン情報など、流出ファイルを所有しているノード情報の表示機能を搭載。追跡結果はCSV形式のレポートとして提供される。

「FileChaser」は、従業員が使用しているパソコン内を検索し、管理者が機密情報として設定したファイルの有無を調査して報告書を作成するソリューション。メールの添付ファイルや圧縮ファイル、プログラムソースファイル、ヘッダファイルにも対応する。

(Security NEXT - 2007/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
Facebook、パスワード数億人分を社内保管 - 外部公開や悪用は確認されず
受験出願者宛のメールで送信ミス、メアド流出 - 国際教養大
ドコモとトレンド、IaaS基盤のIoTデバイス保護で新メニュー
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付開始 - 全国で年100回予定
WP向けソーシャルボタンプラグインにゼロデイ攻撃 - アップデートが緊急公開
「VMware Horizon」に脆弱性 - 内部のドメインやサーバ名など漏洩のおそれ
「PowerDNS」の権威DNSサーバに脆弱性 - 「RESTfulモード」利用時に影響
「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」に新版 - 2年4カ月ぶりの大幅改訂