Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IEの脆弱性を悪用する「VBS/Psyme」がランキングのトップに - マカフィー調査

マカフィーは、10月に同社データセンターが検知したウイルスや不審なプログラムの状況をまとめた。先月まで猛威を振るっていた「W32/Zhelatin.gen!eml」に代わり、「VBS/Psyme」がランキングのトップとなった。

同レポートによると、ウイルスでは、検知企業数およびマシン数において、半数以上をトロイの木馬が占めるという状況が続いている。7月に発見され、8月と9月に猛威を振るった「W32/Zhelatin.gen!eml」に代わり、「VBS/Psyme」がランキングのトップとなった。

同ウイルスは、2003年に発見されたトロイの木馬で、IEの脆弱性を悪用して不正なプログラムをダウンロードさせる。また「W32/Zhelatin.gen!eml」も、先月より検知数が減ったとはいえ、依然ランキングの上位をキープ。同ウイルスはスパムメールとして流通し、メール本文のリンクから不正サイトへ誘導する。脆弱性が解消されていないと、サイトにアクセスしただけで感染するため、引き続き警戒が必要だとしている。

不審プログラムでは、トップ10の半数をアドウェアが占めた。ランキングの上位に入った「Exploit-MIME.gen」や「GenericPUP」などのように、類似しているため種別が困難なものが増加しているという。また、特に固有名を与えられていないプログラムでも、情報漏洩を引き起こす危険性のあるものが多いため、十分な対策が必要だとしている。

同社が発表した検知マシン数のトップ10は以下のとおり。

ウイルス

1位:VBS/Psyme
2位:Generic!atr
3位:W32/Zhelatin.gen!eml
4位:JS/Exploit-BO.gen
5位:AdClicker-EG
6位:JS/Wonka
7位:Spy-Agent.bv.dldr
8位:X97M/Laroux.a.gen
9位:Exploit-ANIfile.c
10位:JS/Downloader-AUD

不審なプログラム

1位:Exploit-MIME.gen.c
2位:Generic PUP.g
3位:Adware-Baidu
4位:Adware-GAIN
5位:Winfixer
6位:Generic PUP.e
7位:Adware-SaveNow
8位:DriveCleaner
9位:Adware-HotBar
10位:Adware-GAIN.lnk

(Security NEXT - 2007/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
児童や保護者、通報者情報など含む児童虐待関連資料を一時紛失 - 滋賀県
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用