Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows XPとIE 7の組み合わせで脆弱性 - MSがパッチを準備中

Windows XPやWindows Server 2003にInternet Explorer 7をインストールした場合、URL処理に脆弱性が発生することがわかった。現在、脆弱性を解消する具体的な方法はなく、マイクロソフトは、脆弱性を解消するセキュリティ更新プログラムの開発を進めている。

マイクロソフトのアドバイザリによると、Windows XPやWindows Server 2003へIE 7をインストールすると、コンポーネントが更新され、その結果URLやURIの処理に脆弱性が生じるという。不正に加工されたURLを処理した場合、リモートでコードが実行される可能性がある。

同社では詳細について調査を進めているが、現時点でゼロデイ攻撃は確認していないという。また今回の脆弱性は、前記の組み合わせで利用した場合でのみ発生するもので、Windows VistaやInternet Explorer 7がインストールされていない環境では影響を受けないとしている。

同社ではWindowsやウイルス対策ソフトを最新にするほか、ファイアウォールの利用や不審なURLへアクセスしないよう、注意を呼びかけている。

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (943521)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/943521.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大