Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows XPとIE 7の組み合わせで脆弱性 - MSがパッチを準備中

Windows XPやWindows Server 2003にInternet Explorer 7をインストールした場合、URL処理に脆弱性が発生することがわかった。現在、脆弱性を解消する具体的な方法はなく、マイクロソフトは、脆弱性を解消するセキュリティ更新プログラムの開発を進めている。

マイクロソフトのアドバイザリによると、Windows XPやWindows Server 2003へIE 7をインストールすると、コンポーネントが更新され、その結果URLやURIの処理に脆弱性が生じるという。不正に加工されたURLを処理した場合、リモートでコードが実行される可能性がある。

同社では詳細について調査を進めているが、現時点でゼロデイ攻撃は確認していないという。また今回の脆弱性は、前記の組み合わせで利用した場合でのみ発生するもので、Windows VistaやInternet Explorer 7がインストールされていない環境では影響を受けないとしている。

同社ではWindowsやウイルス対策ソフトを最新にするほか、ファイアウォールの利用や不審なURLへアクセスしないよう、注意を呼びかけている。

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (943521)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/943521.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収
患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構