Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

専門家がIT統制のセキュリティ対策をサポート「セキュリティ最適化サービス」 - 富士通

富士通は、セキュリティの専門家がセキュリティ要件の可視化からシステムの設計、運用までサポートする「セキュリティ最適化サービス」の提供を開始した。

同サービスは、設計から運用までワンストップでサポートするセキュリティソリューション。リスクを分析して対策を提示する「企画・要件定義サービス」、対策方法の選定やシステム構築を行う「設計・構築サービス」、24時間365日の監視、継続的な改善提案などを行う「運用サービス」など、IT統制をライフサイクルの面からサポートする。

これらのサービスでは、専任のセキュリティマネージャー220人が中心となり、顧客ニーズの高い「認証・ID管理」「証跡管理」「DBアクセス」「インターネットセキュリティ」「PCセキュリティ」「フィジカルセキュリティ」の6分野においてサービスを提供する。

また同社では、個人情報保護法や日本版SOX法対策といったニーズを踏まえ、今後はさらにセキュリティマネージャーを2009年までに500人規模まで増員し、サービスを強化する計画だという。

(Security NEXT - 2007/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収
患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構