Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DB監視アプライアンス「SQL Guard」にインシデント管理機能を追加 - エアー

エアーは、データベースへのアクセスを監視して記録し、不正アクセスを防御するセキュリティアプライアンス「SQL Guard」の最新版を販売開始した。

同製品は、米Guardiumが開発したデータベースセキュリティ製品。データベースへのアクセスをリアルタイムで監視し、不正アクセス発生時にはアラート通知やアクセス制御など実現する。

最新版では、データベースへのローカルアクセスに対する監視機能を強化。UNIX、Linux版では、コンソールからのローカルアクセスやTCP、Oracle IPCなどを利用したローカルアクセスの監視を実現した。対応済みのWindows版では、SQL Serverの共有メモリアクセスや、Kerberos認証、64bitマシンに対応した。

また、あらたに「統合インシデント管理」機能が追加された。管理者がポリシー違反を分類し、1つのインシデントとして特定の担当者に割り当てることができる。割り当てられたインシデントのリストや重要度などのレポートは自動的にアップされ、ダッシュボードから確認できる。

(Security NEXT - 2007/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市