Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

雇用保険受給者33人の個人情報が印刷用紙に混入 - 岸和田職安

大阪労働局は、岸和田公共職業安定所において、求人情報検索パソコンのプリンタに、雇用保険受給者の個人情報が記載された用紙が混入する事故が発生し、個人情報が流出したと発表した。

「雇用保険基本手当等支給状況表」15枚を、職員が印刷用紙として誤ってプリンタにセットしていたもので、雇用保険受給者33人の氏名、性別、年齢、支給番号、支給額などが記載されていた。7月18日、求職者が求人票をプリントアウトして職員に提示した際、裏面に印刷されていることが判明した。

同安定所では、印刷機内に残っていた書類も含め、紛れ込んだ15枚のうち14枚を回収したが、残りの1枚は所在が不明となっている。同安定所では、関係する受給者に対し説明と謝罪をして了解を得たという。

(Security NEXT - 2007/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多