Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3分の1が情報漏洩での倒産に懸念、しかし予算はわずか - マカフィー調査

大規模な情報漏洩が、倒産に繋がる可能性があると考えるIT担当者が、約3分の1にのぼることがマカフィーの調査でわかった。一方で経営に直結する問題であるにもかかわらず十分な予算が確保されていない実情も浮かび上がっている。

同社がまとめた調査報告「データゲート:避けられない企業災害?」で判明したもの。同調査は、米国をはじめ、イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリアなど、従業員数250人以上の企業に籍を置くIT専門家1400人以上を対象に実施された。

回答者の33%が、大規模な情報漏洩により倒産へ追い込まれる可能性を抱えていると解答している。また60%が実際に過去1年間に情報漏洩を経験しており、過去2年間漏洩を経験していないとの回答は6%と非常に低い結果だった。

情報漏洩など、経営へ大きな影響を与える可能性があると認識がある一方で、財布の紐はきつく、データセキュリティの平均予算は全体のわずか0.5%で、情報漏洩に対する年間コストは、平均額は182万ドルだった。

また実際に個人情報が漏洩した場合、不正利用が発生しない場合の事故であっても、関係者へ事故を通知するために平均26万8000ドルの費用が発生している。また価値の高い知的財産や財務情報の紛失では、平均は168万ドルの費用が推定されるという。

内部関係者による事故が61%を占め、悪意ある持ち出しも23%に上る。また退職する従業員についても回答者の46%は正しい対処が行われていないことが今回の調査で判明した。

(Security NEXT - 2007/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生