Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新生銀行のフィッシング詐欺サイトが進化 - セキュリティ対策破り狙う

新生銀行は、同行顧客を狙ったフィッシング詐欺サイトについて注意喚起を実施しているが、あらたな手口が7月24日に見つかったとして再び注意を呼びかけている。

同社では、7月11日から7月12日にかけてフィッシング詐欺メールについて注意を呼びかけていたが、今回発見されたフィッシング詐欺サイトは別の手口で、より悪質なものとなっている。

今回のメールも英語で記載されており、ウェブサイトも巧妙に模倣されている点では同様だが、従来入力を求めていたIDやパスワードだけでなく、同社がセキュリティ対策として導入している「セキュリティ・カード」の情報を入力させる画面が追加されている。

同行では、電子メールで口座番号や暗証番号など重要な情報を聞くことななく、「セキュリティ・カード」についても、1回のログインで4マス以上入力することはないとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

原子力規制庁でメール誤送信 - 在宅勤務職員の個人メアド誤り第三者へ
契約社員の個人情報が委託先で所在不明 - 電通
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」
高校で生徒と保護者の個人情報含む書類を誤配布 - 大阪市
WatchGuard、Panda Securityの買収を完了
Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
macOSにアップデート - iOS脆弱性の修正とあわせて公開
マスク販売の当選メールで宛先が流出 - プログラム不具合で
「iOS 13.5.1」など公開 - 脱獄可能となる脆弱性を修正