Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新生銀行のフィッシング詐欺サイトが進化 - セキュリティ対策破り狙う

新生銀行は、同行顧客を狙ったフィッシング詐欺サイトについて注意喚起を実施しているが、あらたな手口が7月24日に見つかったとして再び注意を呼びかけている。

同社では、7月11日から7月12日にかけてフィッシング詐欺メールについて注意を呼びかけていたが、今回発見されたフィッシング詐欺サイトは別の手口で、より悪質なものとなっている。

今回のメールも英語で記載されており、ウェブサイトも巧妙に模倣されている点では同様だが、従来入力を求めていたIDやパスワードだけでなく、同社がセキュリティ対策として導入している「セキュリティ・カード」の情報を入力させる画面が追加されている。

同行では、電子メールで口座番号や暗証番号など重要な情報を聞くことななく、「セキュリティ・カード」についても、1回のログインで4マス以上入力することはないとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー