Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PCが苦手な人」が簡単、安心して利用できるPCの条件

インテルは、キーボードやマウス操作に馴染みのないユーザーが安心してコンピュータを利用できる環境構築に向けて技術要件を策定した。

インテルやビットワレット、マイクロソフトが進める「スマートデジタルライフ推進プロジェクト」の一環として同社が要件を策定したもの。2006年末から2007年3月にかけて行ったシニア層や主婦層などを対象に実証実験や調査を実施し、キーボードなど操作が苦手なユーザーなどでも、パソコンを使ってインターネットを利用できるよう配慮したという。

ハードウェアは、CPUをはじめ、メモリ、OS、ブラウザ、ネットワーク環境のほかのほか、FeliCaによる電子マネー決済やタッチパネル式画面、初期状態復帰ボタンといったアイデアが盛り込んだ。

またウェブサイトのインタフェースは、クリックボタンについて輪郭のわかりやすく、大きさが「30×100ピクセル以上」であることや、ユニバーサルデザインを考慮したデザインであること、ユーザー情報の登録や管理については、「個人情報の入力は一度のみ、その後は簡単な操作のみで安全にサービスが受けられる」といった要件を設けた。

同社では、同技術要件に準拠したハードウェアやインターネットサービスの普及促進を目指すとしており、9月下旬にはPBJ から準拠したタブレットPCが発売となる予定。

(Security NEXT - 2007/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
中学校で生徒情報含む資料が所在不明 - 大泉町
「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大