Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

安全なウェブサイトはわずか2割強 - セキュリティ格差が明確に

セキュリティ診断サービスを展開するNRIセキュアテクノロジーズは、診断により判明したセキュリティ傾向を明らかにした。同社によれば、情報漏洩など何らかの問題を抱えるサイトが8割を占めたという。

今回の調査結果は、同社が2006年度に146のウェブサイトのセキュリティ状況を実際に診断した結果によるもの。事件報道が大きくなされるなど、注目を集めているものの、過去3年を通じて大きな改善傾向は見られず、重大な情報に不正アクセスできるなど42%のサイトに致命的な欠陥が見つかった。また情報漏洩の可能性が確認された35%と合わせると77%に達している。

サイトの種類では、特に問題が多く見つかったのが業務システムで、外部からの不正アクセスへ対応していても、内部関係者などへの防御が手薄であることが多く、業務システムの74%に重要情報へ不正アクセスできるといった重大な欠陥を発見が見つかった。

セキュリティ対策に力を入れているイメージがある金融機関のウェブサイトについては、実際にも公開前に診断を実施するなどセキュリティに力を入れる企業が目立った。しかし、それでも半数以上にあたる53%において大きな問題が見つかったという。

同社では、実際に不正アクセス事件が発生していても、企業側が気付いていないケースや、公表せずに対応しているケースなどもあると推測。ウェブサイトにおけるセキュリティ対策状況の格差が明確になり、今後も広がる可能性があると指摘している。

(Security NEXT - 2007/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003