Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

口座番号など記載された「PiTaPa」入会申込書が所在不明に

電子決済サービス「PiTaPa」の入会申込書13通や管理台帳が所在不明になっていることがわかった。

所在がわからなくなっているのは、京都市営地下鉄京都駅構内において申し込まれた「京都ぷらすOSAKA PiTaPa」の入会申込書13通や連絡先が記載された管理台帳。申込書には、顧客の氏名、住所、電話番号のほか、口座番号なども記載されていたという。また管理台帳には申込者13名のほか、仮受付者13名の連絡先が含まれている。

申込書と管理台帳は、受付後に大阪メトロサービスやカード会社へ業務委託先から郵送されるはずだったが、いずれも未着になったという。日本郵政公社の調査でも判明しておらず、同社では警察へ遺失物届を提出している。また申込者の特定ができておらず、心当たりがある場合は連絡してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意