Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社内ネットワークへの不正アクセスをリアルタイム検知 - ソフォス

ソフォスは、社内ネットワークへのアクセスを管理し、ポリシーに違反した端末からのアクセスを検知するセキュリティソリューション「Sophos NAC Advanced 3.0」を、5月7日より発売する。

同製品は、企業内ネットワークへのアクセスを監視して、ポリシーに違反したアクセスをリアルタイムで検知するセキュリティソリューション。検知後の対応は、「レポート」、「隔離して修復」、「接続拒否」など柔軟な設定が可能。詳細なログ管理や、ネットワーク上にある端末のステータスをレポートする機能なども搭載している。

特定のOSやアプリケーションに依存せず、専用機器の購入も不要。主要セキュリティアプリケーション350種類以上、OSパッチ600種類以上に対応しており、他社のセキュリティソフトを導入した端末にも対応できる。

(Security NEXT - 2007/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多