Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフトが国内のマルウェア対策を強化 - ラボ設置や日本語版レポート

マイクロソフトは、日本市場におけるセキュリティの対応を強化し、マルウェア対策に特化したラボや日本語版レポートの提供を開始する。

今回同社が開設するマルウェア対応センター(Microsoft Malware Protection Center)日本ラボでは、国内で発見されたマルウェアの調査や研究をすすめ、スピーディに精度の高い対応を目指すとしており、研究成果は、Live OneCareをはじめとする同社セキュリティ製品へ活かすという。

また、世界各国の脆弱性やマルウェアの活動を分析、まとめたレポート「Microsoft Security Intelligence Report (SIR)」の日本語版を提供開始した。同レポートは2006年10月から提供が開始されており、半年に1度リリースされている。

(Security NEXT - 2007/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も