Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

先行公開分含め「緊急」は5件 - MSの月例セキュリティパッチ

マイクロソフトは、4月の月例セキュリティ更新プログラムの配布を開始した。今月は深刻度「緊急」が5件、「重要」が1件となっている。

深刻度が「緊急」とされる5件のうちの1件「GDIの脆弱性」については、アニメーションカーソルにおける脆弱性を狙ったゼロディ攻撃が発生したことを受け、4月4日より先行して公開されている。

新規に公開となる「緊急」の脆弱性は、4件で「Microsoft Content Management Server」「ユニバーサルプラグアンドプレイ」「Microsoftエージェント」「CSRSS」の脆弱性を解消するもの。いずれの脆弱性も攻撃を受けた場合、リモートでコードが実行されるおそれがある。

また特権が昇格される「Windowsカーネル」の脆弱性については「重要」とした。

2007年4月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-apr.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

関連記事:アニメーションカーソルの脆弱性に対応する更新プログラムを緊急公開 - MS
http://www.security-next.com/005756.html

(Security NEXT - 2007/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
複数の人気スマホ、地域による脆弱性格差が存在
「Amazonプライムの自動更新設定を解除」と不安煽るフィッシング
テレワークリスク向けに保険パッケージ - 三井住友海上ら
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
ブラウザの実行環境を分離するソリューション - NEC
不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 高知言語聴覚士会
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
サイボウズ、PSIRT構築支援プログラムを開始