Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス手口、わずか1年でフィッシング詐欺が主流に

2006年の不正アクセスによる検挙数が前年の約2.5倍に増加したことが政府のまとめでわかった。犯行手段の傾向もフィッシング詐欺やスパイウェアによる詐取へ移行している。

2006年の検挙数は703件で、2005年は277件から大幅に増加。一方で検挙人数は116人から130件へと件数に比べて少なく、複数事件に関与するケースが増えている。

セキュリティホールの攻撃による検挙例はなく、いずれもパスワードなどを盗み出すケースで、もっとも多かったのはフィッシング詐欺の220件。2005年は1件だったが、2006年に入ってから大幅な増加を記録した。また、スパイウェアによる詐取も33件から197件と顕著な増加を見せた。

さらに利用者のパスワード管理に問題があったケースも95件から178件に増加。ファイル交換ソフトで流出したパスワードが悪用されたケースも19件が検挙されている。

不正アクセスにより取得されたパスワードは、オークションに利用された例が394件で、オンラインゲームも223件と目立った。インターネットバンキングについても38件にのぼっている。犯行動機は金銭目的が419件でもっとも多かった。嫌がらせ(31件)や好奇心(26件)などは、昨年とよぼ横ばいだった。

(Security NEXT - 2007/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
顧客情報619件含むノートパソコンを紛失 - TBM
街頭インタビュー映像や音声のファイルを誤送信 - NHK
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化