Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

泉州銀行の顧客情報1万2835件がWinny経由で流出

泉州銀行の顧客情報が、Winny経由でインターネット上へ流出していたことが2月19日にわかった。

同行行員宅の私用パソコンに保存されていた顧客情報1万2835件の流出が明らかになったもの。問題となったパソコンには個人や法人合わせて、取引内容など3万8000件の顧客情報が保存されていたが、ウイルス感染により、一部がインストールされていたWinnyを通じて流出したと見られている。

同行では、外部に保存されたパソコン上の業務データについて消去するよう指導していたが、守られていなかった。同行では、関連する顧客へ謝罪状を送付するなど個別に対応するという。

(Security NEXT - 2007/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ローン申込者の顧客情報を「OpenChat」へ誤投稿 - LINE Credit
PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し
クレカ会員向けサービスにPWリスト攻撃、ポイント交換も - ジャックス
アロマオイル通販サイトに不正アクセス - 偽画面からクレカ情報詐取
「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
「Android 10」に対応したセキュアコーディングガイド新版
「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム
育児出産情報サイトにPWリスト攻撃 - ポイント不正交換か