Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本興亜損保、企業の情報リスク対策を支援する新サービス

日本興亜損害保険は、情報リスク対策を総合的にサポートする「情報リスクマネジメントサービス」の提供を開始する。

同サービスは、同社が従来より提供している「事故防止・セキュリティ対策」や「個人情報管理」などに加え、4種類の新メニューを追加、関連会社であるエヌ・ケイ・リスクコンサルティングを通じて提供するもの。

アンケートの問診などにより簡易診断を行う「情報システムリスク簡易アセスメントサービス」をはじめ、「ISO27001認証取得支援サービス」「個人情報漏えい緊急体制構築支援サービス」「プライバシーマーク認証取得支援サービス」を提供する。

(Security NEXT - 2007/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強
保育園駐車場で車上荒らし、健診データ含む個人情報が盗難 - 三重県
セキュリティの専門家がいる企業は65% - 国内では51%
毎月100件超のウェブ改ざん、委託状況含めてチェックを
「Software ISAC」を8月に設立 - 情報共有やPSIRT設置支援など展開
個人データの相互移転、日EUが最終同意 - 今秋に運用開始
「MTAppjQuery」の旧版に脆弱性 - 使用ライブラリに起因
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
イベント出展団体へのメールで誤送信、謝罪で再度ミス - 東京都
日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性