Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本興亜損保、企業の情報リスク対策を支援する新サービス

日本興亜損害保険は、情報リスク対策を総合的にサポートする「情報リスクマネジメントサービス」の提供を開始する。

同サービスは、同社が従来より提供している「事故防止・セキュリティ対策」や「個人情報管理」などに加え、4種類の新メニューを追加、関連会社であるエヌ・ケイ・リスクコンサルティングを通じて提供するもの。

アンケートの問診などにより簡易診断を行う「情報システムリスク簡易アセスメントサービス」をはじめ、「ISO27001認証取得支援サービス」「個人情報漏えい緊急体制構築支援サービス」「プライバシーマーク認証取得支援サービス」を提供する。

(Security NEXT - 2007/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も