Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスバスター2007に脆弱性、トレンドマイクロがアップデート公開

トレンドマイクロは、ウイルスバスター 2007(バージョン15.x)のルートキット対策モジュール「TmComm.sys」に脆弱性が見つかったとしてアドバイザリ公表した。

脆弱性を攻撃されると、メモリを書き換えられたり、任意のコードを実行される可能性がある。同社では危険度を「中」としている。

同社では、脆弱性を解消したルートキット対策モジュール (バージョン1.6.0.1052) を公開しており、アップデートすることで問題を回避できる。

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2007/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Windows DNS Server」の脆弱性、ワーム転用のおそれ - 早急に対処を
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 7月初旬の更新で修正済み
「Chrome 84」をリリース、38件のセキュリティ修正を実施
Adobe、複数製品にセキュリティアップデート - 脆弱性を解消
MS、7月の月例パッチで脆弱性123件を修正 - 悪用は未確認
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
「SAP NetWeaver AS Java」に深刻な脆弱性 - 即時対応を
成績含む資料を学生に開示、匿名メールで指摘 - 名古屋市大
テレワークのセキュリティに関する無料相談窓口 - 総務省
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加