Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4596件の顧客情報記したマイクロフィルムが所在不明に - 呉信金

呉信用金庫は、旧和庄支店で扱った顧客情報を含むマイクロフィルムを紛失したと発表した。

所在がわからなくなっているフィルムは、コムフィッシュと呼ばれるマイクロフィルム。1990年から1999年までに旧和庄支店が扱った顧客情報を記録したもの。法人や個人など4596件の顧客情報を記載されており、氏名、住所、電話番号のほか、口座番号や取り引き履歴なども含まれる。

現在、旧和庄支店は和庄出張所となっており本店営業部が管理しているが、顧客の依頼により旧支店の情報について調査するため同営業部の金庫内を確認したところ、同フィルムの紛失がわかったという。原本は本部に別途保存してあった。

同庫では、保存期間を経過した書類と一緒に焼却した可能性が高いと結論づけており、顧客に対しては個別に事情を説明、謝罪しているという。

(Security NEXT - 2007/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく
アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用
県立高校で生徒個人情報含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
注意喚起で掲載した架空請求ハガキに個人情報 - マスキング不十分で
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
2019年上半期の「ファイルレス」攻撃、前年同期比3.6倍に