Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

九州電力、顧客情報含む業務用携帯電話を紛失

九州電力は、顧客や従業員の電話番号22件が登録された業務用携帯電話を紛失したと発表した。

所在が不明となっている携帯電話は甘木営業所内において利用されているもので、従業員が帰宅中に紛失したものと見られている。顧客の姓と電話番号など18件、および従業員の姓と電話番号など4件の計22件が登録されていた。

2月5日の紛失判明後、警察に被害を届け出るとともに営業所内や帰宅経路を捜索したが、6日時点ではまだ見つかっていない。同社では該当する顧客に対し、説明と謝罪をしたとしている。

(Security NEXT - 2007/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

半数が「スマホ決済」の不正利用に不安 - ネガティブイメージ先行
要件定義のノウハウまとめたIPA資料に改訂版 - 成功事例も
OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
顧客情報が金庫ごと盗難 - お好み焼き専門店
グルメ情報サイトに不正アクセス - 会員のアカウント情報が流出
トヨタ紡織の欧州子会社で最大40億円の詐欺被害 - 虚偽の入金指示で
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
教員免許更新講習受講者へのメールで送信ミス - 関西国際大