Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットファイア、「荒らし防止」機能備えたアプライアンス

ネットファイアは、インターネット上での「荒し行為」を防止するウェブアプリファイアウォール「netfire v1」を発表した。

同製品は、ウェブアプリを標的にした攻撃を防止するアプライアンス製品。リバースプロクシとして動作し、クロスサイトスクリプティングやSQLインジェクション、バッファオーバーフローといったウェブアプリケーションを標的とした攻撃を防御することができる。

また、キーワードや条件などにより、不適切な表現を書き込むコメントスパムやトラックバックスパムを防止することが可能。SSL通信による攻撃への対応のほか、ウェブサイトを経由の情報漏洩を防止るう機能なども備えている。

(Security NEXT - 2006/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
顧客情報含む領収書など紛失 - 三谷産業子会社
区立こども園の保育室で園児画像含むカメラが所在不明に - 台東区
元従業員が取引先情報を無断持出 - システム開発会社
LINE、バグ報奨金プログラムに「寄付オプション」 - 報奨金と同額を上乗せ
総務省、公衆無線LANセキュリティの課題や対策を検討
「Oracle Tuxedo」に深刻な脆弱性 - 更新を強く推奨
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に