Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットファイア、「荒らし防止」機能備えたアプライアンス

ネットファイアは、インターネット上での「荒し行為」を防止するウェブアプリファイアウォール「netfire v1」を発表した。

同製品は、ウェブアプリを標的にした攻撃を防止するアプライアンス製品。リバースプロクシとして動作し、クロスサイトスクリプティングやSQLインジェクション、バッファオーバーフローといったウェブアプリケーションを標的とした攻撃を防御することができる。

また、キーワードや条件などにより、不適切な表現を書き込むコメントスパムやトラックバックスパムを防止することが可能。SSL通信による攻撃への対応のほか、ウェブサイトを経由の情報漏洩を防止るう機能なども備えている。

(Security NEXT - 2006/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「iOS 10.3」をリリース - 84件の脆弱性を修正
JNSA、セキュリティ学べるカードゲーム「セキュリティ専門家 人狼」を発売
ランサムウェア攻撃が前年比167倍に - 「RaaS」普及が急増を後押し
設定ミスでDBから顧客情報流出の可能性 - マーケティング会社
4社に3社が過去1年間にインシデントを認知 - 標的型攻撃は8社に1社
入試結果など個人情報含む書類を紛失 - 大手前大
印影など顧客情報含む約5000件の書類が所在不明 - 大和証券
NEC、月額制のクラウド型IRMソリューションを6月より提供開始
JINS通販サイトで個人情報が流出か - 「Apache Struts 2」脆弱性が再度原因に
イベント来場者への礼状メールを誤送信 - シャープ