Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アプリ管理ツール「Applications Manager 7.1」がバージョンアップ - SOAPやOracleに対応

アドベントネットは、米AdventNetが開発したアプリケーション管理ツール「AdventNet ManageEngine Applications Manager」を日本語へローカライズした「同7.1」を発売した。

同製品は、サーバやアプリケーション、データベースなどを統合管理できるツール。リモートで監視を行うことができ、可用性や状態、障害といったレポートを参照することが可能。あらかじめしきい値を設定しておき、しきい値を越えた場合、メールやショートメッセージによるアラートを通知する機能も搭載している。

最新版では、SOAPやOracleアプリケーションサーバなどの監視やJ2EEのウェブトランザクションの解析など、対応アプリやコンポーネットが拡張された。また、本バージョンより「Professional Edition」の日本語版も用意する。

(Security NEXT - 2006/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性